« 茶々の26倍!! | トップページ | 僕chanとお散歩 »

飼いたいけれど・・・

幼い頃、セントバーナードを飼っていたらしい。
私自身にはまったく記憶はないが。

その後は犬は飼ったことがなく、飼いたいけれど無理だろうなぁ・・・大変だろうなぁ・・・と思っていた。
お嬢はとにかく飼いたくて飼いたくてたまらなかったが、以前住んでいたマンションが、数年前まで飼う事ができず我慢。
幼稚園のときはサンタさんがお嬢に、大きなゴールデンのぬいぐるみを。

引っ越しを期に決断を!!!
飼っている友人たちのほとんどが、
「飼ったら大変よ」
「旅行にもいけないよ」
「犬を飼うときのアドバイスは、犬を飼うのはやめなさい、よ」
などなどなど、否定的なものばかり。

にもかかわらず、その友人たちは、
「次に飼うなら、○○の種類が欲しいんだ~~~」
とみな言う。
そして、
ワンchanの話になると、とにかくみんな幸せそう。

ペットショップに数回足を運んで、飼っている人たちにも相談をしていたが、本当に縁があって、Asanが茶々丸を我が家へ連れてきてくれた。

Photo_212 生き物を飼うって、案ずるより・・・。
最初はトイレが大変かもしれないし、お散歩も気にはなるけれど、
その家の家族の形にちゃんと犬は順応すると思う。
生活形態にあったワンchanを飼えばいいんだと思う。

今、茶々丸がきて大変だなって思うことはない。
私が帰宅が遅くなるときは、家族が協力して時間調整し、食事を上げている。
お散歩も。
何より、茶々丸がきて本当によかったと思うことは、
家族の会話が増えたこと。
まぁ、もとから仲良し家族ではあるが、リビング滞留時間がみんな長く、
癒しの源が茶々丸。
家の手伝いはしなくても、茶々丸関係はみな喜んで積極的に!!!
動物セラピーのパワーはすごい。

ドライブに行って、膝におしっこされても、それは笑い話。
トイレシートをぐしゃぐしゃにされても、写真とって大笑い。
まっすぐ歩いてくれないお散歩も、幼いときだけの貴重な体験。

今、後悔していること。
子供たちが小さい時から飼いたかった。
子供と成長させたかった。

子供たちは多分、これから先の人生、
許される限り犬を飼うだろう。

今我が家では茶々丸の子孫存続プロジェクトを思案中。
一番乗り気なのは、darlingだが・・・・・

Photo_211ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに犬を飼ってよかった。
茶々丸が家族の一員になってくれてよかった。

以前、あみーごさんが教えてくださった、ゴルゴ13にものっているイギリスの名言。

「もしあなたに子供が生まれたなら、犬を飼うといいでしょう。
子犬はあなたの子供より早く成長し、本能で幼児を守ろうとし、
成長と共に子供のよき遊び相手となってくれる。

そして子供が多感な時期に、年老いて犬は死んでゆく。
犬は生涯を通して子供に様々なことを教え、
最後に、人生において大切なことを教えてくれる。

それは親しい者との悲しい別れを。」

|

« 茶々の26倍!! | トップページ | 僕chanとお散歩 »

コメント

あらあら、何だか〆のお言葉みたい。
勿論、まだまだ、このブログは続きますよね。(^^)
madame-himeさん温もりのある文章も、
当然の様に可愛い茶々丸kunの写真も、毎日、楽しみです。
なかなかこの格言を達観して言う事は出来ないけれど、
このブログを読んでは、うちのワンコを思い出して
しんみりする事(←まだ、泣いてる)もあるけれど、
やっぱり、うちの家族でいて貰って良かったと思います。

あ〜、犬、飼いたい!!!
あ・・・、一応、いたんだっけ!!f(^^;)

投稿: あみーご | 2007年2月19日 (月) 21時03分

もちろんまだまだ・・・
我が家が飼ったために、「飼いたいけれどどうしよう症候群」の人たちが多数出現。
そのためのメッセージです。
まだ涙はかれませんよね。
でも、あみーごさんの家にいたワンchanも、絶対に感謝しているはず。新しいワンchan・・・きっとご縁ですよ。
これからもこのブログともどもよろしくお願いします。

投稿: madame-hime | 2007年2月20日 (火) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190548/13967767

この記事へのトラックバック一覧です: 飼いたいけれど・・・:

« 茶々の26倍!! | トップページ | 僕chanとお散歩 »