« 続かない理由は・・・ | トップページ | やられた・・・・・ »

事件

茶々丸と夕方お散歩。

もうすぐ家に到着という時に私の名前を呼ぶ声が~~~~~

振り向くと、ご近所の大学生のお嬢さんが、愛犬ラスティー君を連れてダッシュッ!!!!!

何事かと思って、待っていると、顔面真っ青の泣き顔状態。

「どうしよう、どうしよう、
公園で他のワンchanと遊んでいたら、
そのワンchan、首輪が外れて逃げちゃった~~~~~
どうしよう、どうしよう」

もう私も顔面蒼白、全身ガタガタ。

すぐにお互いの犬を家に入れて、
状況確認。
途中までは追いかけたけれど、見失ったとのこと。
進んでいった方角にあるのは、246!!!!!!!!!

二手に分かれて迷子になったワンchanを必死で探す。
走って走って、でも草むらとかも見て。。。
自転車の人にも配達の人にも歩いている人にも
片っ端から聞いて歩き
薄暗くなってきた中を
震えながら探した。

いやなことだけれど、
246ももちろん探した。

いない・・・

又お嬢さんと合流。

見つからないからとりあえず飼い主さんが待ってる公園に彼女を行かせ
連絡先を聞くようにと・・・
私は探し続ける。

いつもトリミングをお願いしているアッシュさんに電話。
犬が逃げた時の習性と諸々を教えてもらうために。

性格にもよるが、若い犬だったら
横道には行かず直進する可能性高いと。
ただ、3歳を過ぎていれば、危険はわかるかもしれないし、
慣れている近所を歩いているかもしれないと。
もし今日見つからなければ
明日すぐ保健所に連絡し
そのあと、ビラ配り

こんなアドバイスを忙しいのにもカかわらずしてもらい
走る走る走る・・・わたし。

茶々が逃げたら・・・・・
私や、うちの子供たちが
よそのワンchanを逃がしてしまったら・・・
こんなふうに考えたら、涙が止まらない。
震えもとまらない。

家の前で帰宅してきたお嬢さんのママにであい、
状況説明し、逃げてしまった公園に急ぐ。
そこには誰もいない。
すぐにお嬢さんの携帯に連絡をしてもらうと

大泣きのお嬢さんの声が・・・・・
「見つかった~~~~~~」
でもその後は言葉が続かず、家の前で帰宅を待つ。

飼い主さんのところにと公園に行ったが飼い主さんはいない。
公園にいた人に聞いたら、
近所だろうから、その人の家を探しましょうと。
探している時に、
「ワンchanしりませんか」と聞いた人に再会。
「ワンchan見つかったみたいよ」と。
そこへ、飼い主さんが現れて

「さっきはきつい言い方してごめんね。
うちに戻ってきていたよ」と。

お嬢さんに家の前で会ったとき、
またまた涙腺故障の私は・・・・・・・・・

お嬢さんは、動物にかかわる仕事を目指している。
今ここで何かあったら・・・と、よそのお嬢さんながら心配してしまった私。

でも
無事ワンchanが戻ったことで
お嬢さんは、きっと一回り大きな人間になったんだろうな。

帰宅後、茶々丸に
「絶対リードから逃げないでよ。
絶対首輪から外れないでよ。
絶対外では走らないでよ。」

よそのワンchanをさわるのはやめよう、絡むのもほどほどにしよう。
子どもたちにも言わなきゃ。

もし、茶々がいなくなっちゃったらという話はたまにするけれど
今日は、言葉以上の、思っていた以上のつらさを感じた。

アッシュのお兄さんも、近所を探してくれた様子。
感謝。 
報告の電話をして
「茶々丸だったら帰ってくるかしら?」と聞いてみると・・・・・・・

プードルはおりこうさんだから・・・と言ってはいただいたが
まだ10ヶ月の好奇心の塊の茶々は・・・・・
いつも同じルートをお散歩。
これは、迷子の時にはいいらしい・・・・・

迷子にさせなければいいんだろうけれど
もしものことを考えて・・・・・・・

悩む私。

でも
見つかって、
よかった。

Photo_431

|

« 続かない理由は・・・ | トップページ | やられた・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190548/15826381

この記事へのトラックバック一覧です: 事件:

« 続かない理由は・・・ | トップページ | やられた・・・・・ »