« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

お水入れ

茶々丸を我が家へ連れてきてくれたAさんからの
贈り物。

茶々の病気を知って、
プレゼント。

お水をたくさん飲んで
尿をたくさん出さなければいけないけれど
無理やり飲ませられない・・・

頂いたプレゼントは、お水入れ
ヘルスウォーターシリーズ
ここの「水飲み用ボウル」

バイオセラミックスで、水道水を柔らかくし
飲みやすくするとのこと。

そう、これにしてから約2週間。
ほんと、よく飲んでる!!!

やっぱり動物は敏感なんでしょうね。

ありがとうございます。

Photo_2

たくさん飲んで、病気なんてやっつけちゃえ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あららのら

21日の土曜に尿検査

食事がききすぎてしまって
心配していた、
尿が酸性に傾いてしまう現象が!!!!!

酸性に傾いたために
この前とは違う結晶が尿の中に!!!

この結晶は、薬や食べ物でなくすことは
できない結晶とのこと。

え・・・・・・・どうすりゃいいのよ!!!!!!!

ただいま、食事を
ロイヤルカナンのPHコントロールに。
だったら、始めからそっちにすればよかったのかな・・・・

悩んでも始まらない。

今は、茶々に向かって
「茶々のエネルギーで治しちゃえ」と
念じながらお腹をさするのみ。

Photo

こんなお腹です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経過

尿検査

正常!!!!!

ただ、また2週間後に尿検査。
今のご飯は、食べ続けると尿が酸性に傾くので
様子を見て切り替えるそう。

膀胱の中にたまっていた尿に結晶が見られたけれど
カテーテル検査を頻繁にやると
膀胱炎を起こしやすくなるので
しばらくは
ご飯と、定期的尿検査で行くとのこと。

水分はいっぱい取らないいけない。

鳥のささ身などでとったスープ。
身にはたんぱくが含まれるので
スープだけならOKと。

人間みたいに
無理やり水分取れないからなぁ・・・・・

でもよかったね、茶々丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血尿③

土曜日、カテーテル検査を行った。

朝一番に採った尿は
見た目ではきれいだったが
やはり血は混じっていて、白血球もまだ多かったと。

カテーテルの結果は、
膀胱の形はきれいで膀胱自体には問題なし。
ただ
膀胱にたまった尿を調べたところ
その尿の中に細かい結晶が混じっていることが判明。
ただ
排出された尿には混じってはいないのだ。

ストルバイト尿石症

これが病名。
ただこの病気は、
専用のフードを食べることによって
治すことができると言う。

専用のフード3種類のサンプルをもらって
ヒルズのS/Dにすることに

去勢したおかげで
何でも食べてくれるようになってくれていてよかった・・・・・・・・・

この種のフードは太りやすいと。
よって、食事の量は少なめ。
もちろんおやつもこのフード。
可愛そうな茶々丸。

でも
病気のほうがかわいそうだもんね。

土日は、尿が近かったけれど、
今日になって、やっと間隔があいてきた。

今回思ったこと。
ペットフードを色々言う人は言うけれど、
手作りがいいと言う人もいるけれど、
平気なわんchanもいるけれど、
ペットフードは、犬のためにちゃんと考えてつくられているのよね・・・・・

病気になっちゃったけれど
専用のペットフードで治るなら
不幸中の幸い。

癖にならないようにしようね。

抗生剤を一週間のみ
又土曜日に尿検査。
ただ、
排泄された尿には今回も結晶は見られなかったので
もしかすると1ヵ月から3ヶ月後にまたカテーテル。

カテーテルをしていなかったら
見つからなかった病気。
カテーテルは犬にとっては、
それほどの負担にはならないと
安田獣医の先生が言っていた。

検査してもらってよかった。

犬は、人間より痛みに鈍感だと聞いた。
我慢強いのかもしれない。

膀胱炎・・・・・痛いのよね、つらいのよね。

早く治そうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »